コミュニケーションと入力し変換すると

幼児が抱えてしまう

子供と対話をすればいいんだなという感覚がつかめるでしょうまた時には性格をかえることが必要なこともあります。そして性格は実際にかえられるのです。このことを知っているだけでも、育児の役に立ちますし、大人にとっても救いにしかただし、子どもの性格がよくないから正してやろうと、叱ったり叩いたりしつけたり、あるいは過保護にするなといって放置しますと、性格はますます悪くなっていくことは先にも述べた通りです。また、大人にしても、性格をむりに改善しようとして表面を単に繕うと自分自身を芝居の役者のように感じたり、宙に浮いたような感じがしたりして、ますます「存在感」のつかめない自分にしてしまいます。性格を直接かえようとするのはむずかしいだけでなく、マイナス面が多いのです。教育の中心であるように思い込んでしまうかもしれない鉄は熱いうちに打て幼児の居場所も

育ては家作り!ですね

幼児が少なくなり

しばい「存在感」を高めることが性格をよくする性格という言葉の意味はとてもわかりにくいのですが、「存在感」の稀薄な場合と確かな場合とを次のように比べてみると、性格と「存在感」は極めて密接な関係にあることがわかります。そしてよい性格にかえたければ、「存在感」を確かにすればよいこともわかります。「愛」と「存在感」の関係については、第四話のQ&Aで述べましたし、「幼いこころ」と「性格」との関係については第六話に記しましたので重複しますが、もう一度「性格」と「存在感」の関係を考えてみたいと思い存在感のある子自分の「存在感」が稀薄な場合には、第四話ですでに述べたように、あがりやすい、気が弱い、はにかみやすい、緊張しやすい、自信がない、プライドが異常に高い、自己顕示欲が強い、いらつきやすい、神経質だわがままだ、頑固だ、自己中心的だ、幼児的だ、互いによろこび合わない、暗い、落ち込みやすい、やる気がない、否定的だ、拒否的だ、異常に批判的だなど、「存在感」の稀薄度によっていろいろな性格となって表れきはく一方、自分の「存在感」が確かな場合には、第四話で述べたように、緊張しない、自信がある、明るい、楽しい、生き生きしている、意欲がある、優しい、人の話を聞き入れる余裕があるなどの性格が表れます。「安心で快いかかわり合い」(愛)の体験が、愛情本能を刺激して積み重ねられることが、「存在感」を高めることでしたから、「存在感」の確かな人の性格が、このようによくなるのは当然です。大人にもスキンシップが大切こんな症例がありました。

幼児の自発的な判断でものを買うことができるようにするために与えるのですから

これは読んで字のごとく、脳のいろいろな部分が互いに連絡し合い、協調し合って複雑な筋肉の動きをコントロールしていくことです。たとえばスイミングは、手と足を同時にバランスよく動かすことで水の中で浮き、前進します。目と左右の手を同時に動かすことにより、楽譜を読み、それに対応した鍵盤を指で押します。「協調運動」の位置づけを脳育ての順で考えると、です。新しい脳がおおよそでき上がり、さらに古い脳との連絡をつないでしっかり育てる時期にあたります。

子どもたちを救うために努力をしてほしいのですもちろん

家で例えると階段作りの部分でしたね。ですから大体3歳前後から、「協調運動」の訓練を行うことも脳を育てるには役立つというわけです。したがって、どんなお稽古事でも、本人が楽しく行えるものならかまいませんが、早く始めるほどいい、とも一概に言えないのです。となり、とくに注意したいのは、まだまだ成長中で骨や筋肉がしっかり固まっていないので、かえって成長を妨げてしまいます。激しく動かす運動や体重の負荷が大きいものを繰り返し過度に行うことは、骨折や筋肉の剥離の原因たくさんジャンプを行うバレエやサッカーなどの運動系のお稽古事も、あまり早い時期から始めず、度を越さないことが重要です。
教育に関心のなかった時代ではうまく役割を果たしたがこれほど

しつけのおくれがあらわれている

お母さんが料理をしているのを見ているだけで、子どもの脳でも料理をするときに使われる神経が刺激されるということもわかっています。まわりの人の動作が子どもの脳内で意味のあるものとして認識され出すのは、大体1歳頃からです。まねをしているとき、脳は盛んに刺激されているのです。このときとくに、を中心とした部分が活性化しています。料理や洗濯をしている姿をのが重要ここで大事なことは、必ず「生身の人間が行っていることを見ること」で、テレビなど映像ではこの効果は期待できない、ということです。

子どもにさせている園では

人間の目はカメラのようにただ映像をとらえるだけでなく、もコントロールしていきます。脳神経の働きで距離や動きなどを測定できる機能を持っています。脳のいろいろな部分が互いに連携をとって、これは、立体的なものを見る刺激によって幼児期に発達します。ですから立体的な刺激ではないテレビの幼児番組を、子どもだけで見させて踊らせているなどでは不十分です二次元の刺激だけでは、脳は育ちません。忙しいときはもちろん仕方がないのですが、一緒にいられる時間は、できるだけ大人が一緒に踊ったり、「楽しいね」と声をかけるようにしましょう。