子どもにリュックを戻したお母さんもいましたが

幼児が電車の中で騒ぎ出してしまったという状況において実は親には

どうせ、お役所は当分、マタ-ニティ·スクールなどは問題にしないだろうから、民間の有志でやってみせなくてはならないこれくらい教育熱心な人たちがたくさんいればいいことがいっまでも放っておかれる心厚生省ができ、保健所が母子手帳を渡すようになったのは、日本の保健政策上、画期的なことであった。健康な赤ちゃんは育つようになったが、文部省が母子手帳を出すことを考えなかったところに、教育のおくれがあらわれている。学校では手遅れなのだから、教育母子手帳があってもすこしもおかしくないと思う。人づくりはものを作るように簡単には行かないのである幼児の言語とテレビこどもが生れると、すぐ言語の学習が始まる。いのは、どうしたことであろう。そういうことを当の母親でも自覚している人がほとんどいな日本で生れてもアメリカ人のこどもは日本語をしゃべらないで英語をしゃべるようになる。幼児たちが私はこう考えるというのであれば

子どもたちから私が学んだ脳

そんなことは当り前だというだろうが、そうとばかり言い切れない。アメリカへ行った日本人夫婦にこどもが生れて、アメリカ人の家庭にあずけたとすると、このこは英語をしゃべるようになる。こどもはいちばん多くきく言葉を身につけるのだ。自然学習である。この実態がまだよくわかっていないどうして、あんなに短期間のうちに言葉が言えるようになるのか。大きくなってからの外国語の学習がいつまでたっても本ものにならないのと比べてみても、改めて神秘的にすら感じられる。


子どもの可能性を広げてあげられると考えています
子どもの可能性を広げてあげられると考えています

幼児がつまずいたときにはどこがわからないのかな?と言って

幼児は自信を身につけますしたがって、放縦児をつくる危険性さえはらんでいますし、安全という点から考えても危険です。絶対に許せない保育者の態度といえるでしょう。ほうしょうじ自由遊びは、子どもの自発性にもとづいて選択された遊びをいいますが、その際に、自発性や創造性が発達しているかどうかの確認が必要となるので、保育者としては、ひとときも子どもたちから目を離すことができません。また、子どもに「自由」を与えるということは、保育者にとって極めて大きな責任を担うことになるのです。それゆえ、責任感の乏しい保育者には、子どもを集めて、何かを「させる」保育が多くなり、無責任な保育となっているばかりでなく、子どもの自発性の発達を抑圧しているのです。しつけしたらよいかをまた、子どもに何かを「させる」という言葉を使っている保育者や研究者は、自由遊びの本質をとらえていない人たちといってもよいでしょう。それは、もし自発性を大切にするのならば、そのような言葉は口にすることができないはずだからで子どもが自発的に選んだ遊びは、興味と関心にもとづいている対象ですから、その遊びに対して意欲的に取り組むでしょう。それは、子どもの意欲を養う大切な活動といえます。意欲があれば、一つの遊びをさらに発展させるために、子どもはさまざまな工夫をするのです。「お手伝い」も重要な体験私たち大人でも、体験したことと体験しないこととでは、それに対する態度がちがいます。

育児がいいか

動物が死んだならば、どのようにとむらうかを教えましょう。お墓を作って、花を捧げることは、子どもに「思いやり」の心を育てるとともに、死の尊厳を教えることにもなるのです。このようにして、子どもには、生活の中で起きるさまざまな現象について、広く体験させること、その体験を生かすことが、「思いやり」の芽ばえをつちかうことになっていることを、よく考えてみてください。その意味で、草花の栽培や動物の飼育の好きな両親には、何となく「温かさがあります。しかも、世話をした甲斐があって、花が咲き、それを眺めることも、情操を高めることになりますし、動物がよくなつくことも、一家を明るくすることに通じます。


子どもと会話を楽しむために私が絶対に必要だと思うのが
子どもと会話を楽しむために私が絶対に必要だと思うのが

しつけ委員会をはじめとする全国各地の自治体や

家庭で栽培や飼育ができないときには、食べ残したご飯粒やパン屑をとっておいて、ろへいってまいてあげることも、「思いやり」を育てる一つの工夫です。鳩やあひるのいるとこお母さんに強制されて覚えたことは、小学校低学年くらいまでは効果があるかもしれませんが、だん(さあもう一回工んに意欲を知お母さんなんて000音楽や絵の勉強は必要だろうか習いごとの強制は情操をゆがめるだけ子どもの情操を高めるために、と願って、音楽や絵を習わせることを考える両親が多いと思います。に、音楽や絵を楽しむ心が育てば、それだけ心豊かな生活を送ることができるでしょう。しかし、音楽や絵などを習わせれば、必ず情操が高まるものでしょうか。その点をよくよく考えてみなければなりません。育てましょ!