子ども自身が持てることなんです

子供が知らない言葉を頭の中でいちいち簡単な言葉に変換しなくてはならないからです

幼児が勉強に自発的に取り組んでいないとそれをあとから変更するのは困難です叱るときは、まず理由を明らかにしてあげましょう。たとえば、「あなたが、お友だちの物をとったからお母さんは叱っているのよ!という具合です。そして、これはむずかしいことですが……。急に叱りだすのではなく「今からお母さんは、あなたが00したことについて叱るからね」と静かに予告してから叱ることができればいちばん理想的ですこれができればお母さん自身も感情的になることが少なくなるかもしれません。不器用、落ち着きがない、すぐ迷子になる……子どもの「困った」や「子育ての悩み」には少しずつ少しずつ「昨日よりも、ちょっとできれば幸せ心が楽になる合言葉個性的なお子さんの場合、誰かと比べたりできないことに過度に注目したりすると親子ともに苦しい思いをしてしまいます。幼児たちの場合幼児は元来わがままが必要になるのですけれど

幼児はそうした関係を敏感に感じ取り

教育が普及してくると

まずは、お母さんの考え方を変えていきましょう。比べる相手はどこかの誰かではなく、過去のお子さん自身。そして、以前はできなかったことができるようになったり、昨日よりもできることが少しでも増えたりしたら、思い切りほめてあげましょう。「昨日よりも、ちょっとできれば幸せこれは、心が楽になる合言葉です。お子さんのがんばりが、たとえ少しでもよいと思える方向に進んでいれば喜び合いましょう。

幼児が多くいるのです

それは「ごっこ遊びに多く見られ、その内容を見ていると、どのような遊びの中にも生活が現れていることがわかります。これが子どもの遊びは生活である-といわれる根拠です。このように、子どもの自発的な遊びを、子どもとともに楽しむことができる親や保育者であれば、それをあとで整理したときに、さまざまな系列の発達が実現されていることがはっきりします。自発的な遊びは、いつも「総合的」に行われているからです。自発性の発達している子どもには、からだを使った遊びの方が、市販の玩具で遊ぶことよりも、はるかに魅力的なのです。

しつけママという人種が大量に発生しても不思議ではない現在の学校

ところが、遊びは教育ではない-という人がいます。この発言は、まさに幼児と遊んだ体験がないことから生じています。あるいは、レジャーと混同していることから起きています。自発的に展開される遊びには「自由があります幼稚園や保育所で、朝のお集りまでの時間を、自由保育とか自由遊びなどと称しているのは、まさにそのことを象徴しています。たしかに、子どもたちにとっては自発的に遊ぶことのできる時間であり、それなりの意義はありますが、保育者と子どものかかわりが薄い以上、それは放任であり、保育(教育)ではありません。
育てで決まる!

教育制度の第一次と基本学校つまり

雑談にはその人がその時にどんな状態であるかを知らせる働きがある。それがあるから、スムーズな人間関係ができるのだ。相手が何を見て、何を感じ、何を思うのかを絶えず確認していることで、相手の要求を満たす行動をとることができる。相手の気持ちを察した言葉を投げかけることができる。それは、親子の会話でも変わらない。

幼児の脳への刺激です

何気ない会話の中で、本人すら気付いていないSOSを発していることがある。それは心がリラックスしていることで、潜在意識からにじみでてきているのだ。それを的確に掴むことができれば、親子の信頼関係はどんどん増していく。逆にそれを見逃し続ければ、親子の心のつながりはどんどん希薄になっていくか、執着に近いものになっていくだろう。言葉は意識に上ってきた情報や要求を伝えるためだけにあるのではない。