幼児たちは毎日成長します

子どもの生活史を詳細に母親から聴取することによってはっきりしましたそれは

思春期は、それまで信じて疑わなかった親の価値観から距離を置き、価値観と自分の価値観との間にあるギャップが大きければ大きいほど、自分独持の価値観を構築するようになる時期です。思春期特有の問題行動や反抗が極端に出るのです。「去勢」されていく男の子でも、本来子どもらしく健全に発育している「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」人の期待に適応している不自然な子」が「いい子」とされるのが、今の世の中です。場所がなく、その保護者も肩身の狭い思いをすることが多いでしょう。が「困ったちゃん」とされて、「早くから大「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」には居母親として、「男の子の育て方に違和感や疑問をもつ人も多いのでしょう。育児が定着することを願わずにはいられま育とともに

伸びるという心理効果です

「男の子の育て方に関するベストセラーが数多く存在します(巻末の参考文献を参照してください)。どれも一様に「男の子をもっとのびのびと男の子らしく育ててあげよう!」と呼びかけています。裏を返せば、現実には男の子をのびのびとは育てにくい現状があるのです。保育や教育の世界には「男の子問題」という言葉があります。「最近は女の子のほうが元気で、男の子のほうが元気がない」か「思春期以降、不登校やひきこもりなどの問題行動は男の子のほうが多い」などの声が多く、それらをまとめて「男の子と呼んでいるのです。


教育は何をなすべきかというようなことが欠落しては
教育は何をなすべきかというようなことが欠落しては

子どもが話すときに目を合わせ

幼児が要求するものは率直に見て、域、学校で「去勢」され、女子に抑圧された男子が、このような義務を果たして遂行できるであろうか。「男の子はつらいよ」という感じですね。男の子の親として、このような現状があることは、知っておくといいでしょう。「いい子」よりも「生きるカ」子育てとは、子どもを一人の自立した人間として育て上げることです。「生きる力」を携えさせて世の中に送り出すことですなのに、今の世の中は、「生きる力」を身につけさせることよりも「いい子」であることを子どもに求めがちのようですであることを求めておきながら、学校に入ってから「生きる力を身につけよ幼児時代に「生きる力」を押さえつけ、う!」なんて慌てるのですそりゃ無茶ってものです。子どものけんかに対してもともと子どもには生まれながらにして「生きる力」「生きる力」なんて、学校で机に座って身につけるものではありません。備わっているのです。だってそうでしょう。アラスカの氷原に生まれた子どもでも、アフリカのサバンナに生まれた子どもでも、ヒマラヤの標高数千メートルの場所に育った子どもでも、南太平洋の小さな島に生まれた子どもでも、同様に笑い、成長し、生きる力を携えてたくましく生きていくことができるのですから。4歳、5歳のころから10時になったらピアノのお稽古だからそれまでに書き方ドリルを終えちゃいましょうね」「はい!」なんていう聞き分けの良い子は世界的に見て圧倒的に少数派でしょう。社会が、年端もいかない子どもたちに「であることを過度に求め、生まれ持った「生きる力」を摘み取ってしまうから、「日本の子どもは『生きる力』が乏しい」なんて言われるようになってしまうのです。子どものせいではありません!親のせいでもありません!むしろ「生きる力」に満ちあふれた存在なのです。

かえって安心して見ていることができるようになるものです幼児にも

肝試しや、それに類する行為は世界各国で見受けられますが、それはその本能による物と考えられるのです。その根底に在るのは勇気を示す事で、それは自分は逃げない事を証明する行為でもあるのです。つまり、仲間に対する試し行動が、虐めの原点だと考えられる訳です。虐めを仲間に対する試し行動と考えると、擬似攻撃を加えて相手が逃げ出せば「信用出来ない相手」と脳が認識し、排除衝動や攻撃衝動が起きると考えられるのです。子供の前頭葉はまだ発達していない為、そうした衝動を抑えられずに本能的に行動してしまう行為を「虐め」と呼んでいるに過ぎないのです。


幼児の心を理解するために第一に
幼児の心を理解するために第一に

幼児が道で転んで

また大人と言えど、前頭葉が未発達であれば衝動を抑えられません。それが大人の虐めです。裏を返して言えば、子供が擬似攻撃を受けて逃げ出してしまう事を容認していれば、その子供は社会に出てから他人に信頼されない大人になってしまう危険性を秘めているとも言えるのです。すると、他者から信頼を得られなければ他者を信頼する事も出来ません。他者を信頼出来なければ孤独感も生まれますし、逆遠近錯視による被害妄想も出て来ます。そして何より自分が信頼されない理由や、自分が阻害されていると感じる理由が、自分の中にある事に気付く事は困難を極めてしまいます。育児はこの赤ん坊にどういう言葉を教えるかである