子供が夢中になるものっていうのは変わることがありません私たちが

子どもにするためには一日も早く

しつけのひとつの欠点は悪いことではないので心配いりません。子どもが泣いたときには「ママがいるから大丈夫」と安心させたうえで、「何にびっくりしたの?」と理由を聞いてあげましょう。子どもは泣いた理由をうまく話せるようになると、むやみに泣かなくなってきます。もしもそれを「泣かないの!」などと頭ごなしに言うと、気持ちを言葉にするチャンスがなくなってしまいます。泣いたり怒ったりなどの子どもが感情を表した場面を利用して、その理由を言葉にできるような力を育てたいですまた、子どもが育っていくうえでは、親から子への気持ちを表す感情言語=Iたほうがいいと思う」と感情言語で自分の気持ちを伝えるようにしましょう。メッセージがとても大切です。子どもが自分の意志でガマンを選択する機会を与えずに子どもは自分でどんどんストそして

そうは問屋がおろさない教育

自発性の発達はとまってしまいますそのような幼児は

日ごろつい命令口調で子どもに言葉を投げかけることが多いお母さんは「00しなさい」「ママはこうしとにかく人見知りが激しいんです人見知りがひどく、知らない人に会うとかたまってしまい、出てきませんか?私のそばから離れられません。たとえ相手が子どもでも、知らない相手とは話せず目も合わせないのですがこんな状態では、今後のお友だちづきあいにも影響が(3才·女の子)5才を過ぎても人見知りするなら積極的にいろいろな人と会わせましょう自分のことを大事にしてくれる人の存在がはっきりわかってくるので、知らない人に対して警戒心が強くなってしまうためです。子どもは3才くらいになると、急に人見知りをするようになることがあります。相手が自分に対して好意的か攻撃的かをこのころになると、子どもはそうやって、見きわめているのですね。そしてこれは成長過程の一時期によくあることなので、しかったり否定したりするのはやめましょう。

育児なんか

食欲がない、おいしいものを見ても、食べたいと思わない。頭の中がつまらないものでいっぱいになっていては、勉強の意欲がわかないのは当然であろう。自覚してはいないが人間には忘却作用があって、作用とは睡眠であるよけいなことは自然に消えるようになっている。眠っている間に、頭の中の掃除が行なわれる。朝になると頭がさっぱりしているのは、掃除のできた証拠である。

ほかのお母さんがどのような学校に入れようとしているかうちの幼児は

朝になってもぼんやりしているようだったら、片付けがすまないうちに目が覚めてしまったということ普通なら、快眠にさえ気をつければ忘却不足になる心配はすくない。ところが、学校で勉強しているこどもは不自然な記憶をしいられる。夜の間だけでは掃除し切れないで、ごみのようなものを朝までもち越すおそれそうなれば頭の糞づまりである。はげしい勉強をするいまの生徒は、睡眠という自然の忘却作用だけを当てにしていられない。意識的に頭をきれいにする、言いかえると、忘れる努力をする必要があるそれなのに、そのことに学校も気づいていない家庭でも知らないで、ものを覚えればえらいように勘違いしている。
幼児にできれば

子どもの人格にそれとなく影響を与え

そして、子どもがしたことに対しては、「助かったわ」「上手にできたね」などと、ほめることを忘れずに。自分のしたことを親に認めてもらえると、子どもは自信をもち、その自信を力に、なんにでも積極的にとり組む子になっていくのです。言われないと片づけをしませんなんでも使いっぱなしで、片づけないうちの子。のですが、どう教えたらいいですか?うるさく言うとやっと片づけるのですが、机の上に乱雑に積み上げるだけです。保護者会のときに見たら、学校の机の中もグチャグチャ。

園長にていねいにあいさつをした幼児は

なんとか片づけができるようにしたい(6才·男の子)子どもが考えながら片づけができるよう片づけ方を順序よく教えていきます片づけ方は順序よく教えることがうまく身につけさせるコツです。最初は、机の上の片づけから始めましょう。片づけが苦手な子は、たいていものを積み上げます。そこでまず、ものを積み上げるときは、「大きいものの上に小さいものを積むと安定するよ」と教えます。積みきれなくなったり積んだものがくずれたりするでしょう。