Go to content Go to navigation Go to search

良い羽毛布団の選び方

7月 8th, 2011 by Wilson Cham2012-01-27

今年の冬は、寒さに厳しいものがあります。
そんな冬を乗り切るにはやはり羽毛布団です。
羽毛布団の品質は、ダウンとスモールフェザーの混合率に大きく左右されます。
一般的にダウン混合率が高ければ高いほど高品質で、95パーセント以上のものが最高級といわれています。
ただし、一番大切なのは、製品に表示してある混合率の信頼性と日本での製造工程です。
製品によっては、外国で処理された羽毛をそのまま詰め込んだ布団もあり、

ダウンの混合率が実際より少ない場合もあるのです。
さらに非衛生的な基準で修理された可能性も考えられます。
通常は、原毛を輸入して日本で処理します。
原毛のは、大きな羽根や砂などの異物が混入しており、また、かなりの脂肪分が含まれているので、日本の工場で衛生加工処理をいなければ、本当に質の高い羽毛にならないのです。
また、実際に布団を指でつまんでみましょう。
質の高い羽毛を使っていれば、羽毛の芯には触れずフワッとしたダウンの柔らかさを感じるはずです。


羽毛布団には、グース(ガチョウ)やダック(あひる)の羽毛が使われています。
一般的にはグースの方が高品質といわれています。
グースはダックより身体が大きいため、ダウンも大きいものが取れるからです。
大きなダウンほど空気を多く抱え込むので、軽くてボリュームが豊かで、保温性の高い羽毛布団になります。
また、ダックの多くは食用として飼育されています。
いわゆる北京ダックの材料です。
食用ダックの多くは、若いうちに食品加工されるため、その副産物として採れるダウンが育ちきっていません。
つまり、小さいものが多いのです。
それに対してグースは、ほとんどがダウンを採るために長い期間をかけて飼育されています。
ですからダウンボールが大きい、良質なダウンが採取できるのです。
さらに、ダックは雑食性なので羽毛には脂肪分が多く、まれに臭いのするものがあります。
グースは草食性なので臭いません。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans