Go to content Go to navigation Go to search

輸入された業務家具の価値

7月 8th, 2011 by Wilson Cham2012-02-04

輸入された業務家具のアフターフォローはとても大変になることに違いない。修理する際も部品を輸入する必要があったり製造先が海外なので修理する方法が日本と異なっており時間がかかったりするかもしれない。そもそも輸入の業務家具なので製造したメーカーが補償するかもわからない。業務家具に限らず輸入商品は修理やアフターフォローで時間やお金がかかることをよく耳にするが、それでも輸入商品が無くならないのは日本の商品では得ることができない何かがあるのであろう。

引っ越しするときに輸入した家具を売っている店にいった。その店は個人向けだけではなく業務家具も取り扱っていた。家具はバイヤーがバリに直接行き買い付けて輸入する仕組みで、業務家具はレストランやエステを経営する方が購入していくらしい。最近では輸入した家具を扱う大型家具店が日本に進出し個人向け家具、業務家具問わず多種多様な家具を扱っているが、やはり現地に直接バイヤーが行って買い付けし輸入する店の方がデザイン、品質、素材のこだわりをもった商品を扱っている感じがする。

国内で製造された業務家具と輸入された業務家具にそれぞれ比較してみた。まずは国内で製造された業務家具の良い点は品質が良く、購入後のアフターフォローがしっかりしている。悪い点は金額が輸入された業務家具よりも高い傾向にある。輸入された業務家具の良い点は安い。悪い点は国内製造の業務家具よりも品質が落ちる、アフターフォローが不十分などが上げられる。ここでいう品質は素材の質の違いではなく製造の工程における釘の打ち方、やすりのかけ具合、棚のガタつき等のことである。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans