Go to content Go to navigation Go to search

余った芋焼酎を使ったレシピ

7月 8th, 2011 by Wilson Cham2011-05-10

よく飲み会をしていて、飲み疲れてきてしまうとお酒があまってしまうことがあります。
よくお酒を飲む人なら少しくらいあまってしまっても問題ないかもしれませんが、それほど飲まない人だと残ってしまったお酒を取っておくのはけっこう場所をとってしまうことがあります。
特に芋焼酎などの大きなビンに入っているお酒は保管が面倒なこともあるのでなるべく飲みきってしまうか、料理などに利用してしまうことができるといいと思います。



インターネットで芋焼酎を利用したレシピを検索してみたところ、いろいろなレシピが見つかりました。
芋焼酎は独特の甘い香りのするお酒なので、その香りをうまく使った料理がありました。
鍋に豚ばら肉とねぎ、ショウガを入れて焼酎と水を入れて強火で煮ます。
その後、豚ばら肉を適当な大きさに切って別の鍋でさらに煮立つまで中火にかけ、煮立ってきたら弱火で1時間程度煮込むと芋焼酎のいい香りのする豚の角煮の出来上がりです。



ちょっと変わった芋焼酎を使ったデザートのレシピも乗っていました。
芋焼酎を2、3倍に薄めて寒天かゼラチンで固めます。
アルコールは固まりにくいので寒天やゼラチンを多めに入れましょう。
大きなタッパーで1cm程で一端冷蔵庫で冷やし、固まった後に、あんこを1センチほど敷き詰めてもう一度1センチほど焼酎を入れて再度固めれば芋焼酎のあんこゼリーが出来ます。
デザートになってもお酒には変わりないので、食べ過ぎて酔っ払わないようにしましょう。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans