Go to content Go to navigation Go to search

持ち込み可能なキャリーバッグと荷物の量

7月 8th, 2011 by Wilson Cham2009-04-28

飛行機を利用しての旅行をする場合、2泊程度の旅行であればそれほど荷物というものは多くなりませんが、旅行をする場合、少しでも荷物を減らす事で得をする事もあります。
飛行機などの場合、飛行機の機内に持込が可能となる荷物のサイズが決められているのですが、キャリーバッグなどがこの規定サイズであると、態々荷物を預けるという事を行わなくても良くなります。
また、荷物を預けると言う事は、目的地に到着した際に荷物を引き取りに行かなくてはなりません。

この荷物を預けたり、引取りをするという作業は時間もかかるものです。
特に、荷物の引取りを行う場合、自分の荷物が出てくるまで待つ必要があります。
大きな飛行機ともなれば、大量の荷物を運んでいるため、自分の荷物が手元に来るまでには時間もかかるわけです。
しかし、手荷物として機内に持ち込んだ場合は、この荷物の引取りをせずにそのまま次の目的地に向かう事が出来るため、時間の節約にもなるのです。
そのため、キャリーバッグも規定を超えないサイズを購入する方が良いと言う事になります。

飛行機の機内に持ち込める大きさは、飛行機の客席の数で多少異なるようですが、キャリーバッグなどでは20リットル程度の大きさであれば飛行機の機内にキャリーバッグを持ち込めるのではないでしょうか。
20リットルというと少々小さいようにも感じますが、1人分の荷物であれば2泊程度の荷物で収まるようにも思えます。
もっとも色々な物を持っていけば、その多きさはどんどん大きくなり、機内には持ち込めないサイズになるのは目に見えているわけです。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans