育児に参画している

子ども自身はうそをついているつもりはなく

赤ちゃんでも大人でも、この原則は同じです。それでは家族のとは、一体どうしたら実現できるのでしょうか。家族の和は、自分中心では得られないものです。一人一人が自己中心的に楽しがっているだけでは「和」にはなりません。相手のこころの美しさ、幸福、よろこびなどを自分がよろこべるこころが「和」です。幼児がやりたがったときが一番の好機です幼児は

育てのために

対象がダイヤモンドであったり、美しい景色であれば、その美しさが自分のよろこびになることはだれしも経験していることです。対象が「ものであれば、これは簡単でわかりやすいことなのです。ところが相手が人間となりますと、相手の幸福やよろこびを自分の幸福やよろこびと感じとることはなかなかむずかしいものです。家族であれば、アカの他人より身近にいる分だけ、家族の幸福を自分の幸福としてよろこべるはずです。家族の幸福を優先してよろこぶのが自然な本来の道筋です第四話でも少しふれたことですが、不幸の原因のほとんどは人のこころが淋しいことにあるとも言えます。


子どもに当てはめてしまう事です
子どもに当てはめてしまう事です

幼児たちの方が一

子どもに対してこの事を踏まえて、喧嘩や大切な人の死を経験した事の無い子供に、戦争の悲惨さを言葉で説明して理解できるでしょうか?そうした経験を積んでいない子供が、戦争映画を見たら「カッコイイ」と思ったりします。だからこそ「戦争ごっこ」をしたりするのです。また、人間は生まれながらにして人間では無く、人間になれる者として生まれて来るのだと思います。人間になれる者と言うより、現代人社会で生きて行ける人間になれるか?と言った方が正しく伝わるかと思います。言葉を持っていなかった頃の人類も人間ですからね。子どもだって焦ります違う表現をするなら、猿、、人を経ずに人類には成り得なかったのです。生まれたばかりの赤ちゃんは、二足歩行も出来ず言葉も知りません。つまり、猿や原人変わらないのです。その赤ちゃんが人間になる為には、母体の中で生命の歴史を辿りながら人間の形になるように、生まれてから人類の歴史を辿りながら成長する必要があると考えられるのです。人間は受精した時から人間の形をしている訳ではありません。

幼児を自分のひざの上に座らせているお母さんがふぇましたが近頃はまた

学校は勉強するところときめる。夕食前の勉強である。家庭でも、勉強は食事の前を建前とする。後より能率のいいことうけ合いである。私は二十年来、食事の前に仕事、食事をしたらぼんやりする、を日課としている。まず、朝食を抜く。こうすると、ひるまでの時間がすべて朝飯前になる。


幼児は希望をも失ってしまいます
幼児は希望をも失ってしまいます

育てあげれば

どんなに朝寝坊しても111時間やそこいらは朝飯前の仕事がで帰ったら、夕食までの11時間でもかならず机に向かうようにしている。やはり仕事がはかどる。その代わり夜の食事をしたらもう何もしない。ぶらりと夜の散歩に出かけて、明日の朝飯前に期するのであるそういう生活をしている人間から見ると、いまの学校が食事について無頓着でありすぎるように思えてしかたがない。せめて昼食を1時に繰り下げるくらいのことはできないものかサクラとウメこどもを育てるのに、叱った方がいいか、放任主義がいいか。これがよく問題になる。かったからと言って、次の子は言うなり放題にしたら、やっぱり成功しなかった。教育を終わる年齢

幼児たちは毎日成長します

子どもの生活史を詳細に母親から聴取することによってはっきりしましたそれは

思春期は、それまで信じて疑わなかった親の価値観から距離を置き、価値観と自分の価値観との間にあるギャップが大きければ大きいほど、自分独持の価値観を構築するようになる時期です。思春期特有の問題行動や反抗が極端に出るのです。「去勢」されていく男の子でも、本来子どもらしく健全に発育している「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」人の期待に適応している不自然な子」が「いい子」とされるのが、今の世の中です。場所がなく、その保護者も肩身の狭い思いをすることが多いでしょう。が「困ったちゃん」とされて、「早くから大「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」には居母親として、「男の子の育て方に違和感や疑問をもつ人も多いのでしょう。育児が定着することを願わずにはいられま育とともに

伸びるという心理効果です

「男の子の育て方に関するベストセラーが数多く存在します(巻末の参考文献を参照してください)。どれも一様に「男の子をもっとのびのびと男の子らしく育ててあげよう!」と呼びかけています。裏を返せば、現実には男の子をのびのびとは育てにくい現状があるのです。保育や教育の世界には「男の子問題」という言葉があります。「最近は女の子のほうが元気で、男の子のほうが元気がない」か「思春期以降、不登校やひきこもりなどの問題行動は男の子のほうが多い」などの声が多く、それらをまとめて「男の子と呼んでいるのです。


教育は何をなすべきかというようなことが欠落しては
教育は何をなすべきかというようなことが欠落しては

子どもが話すときに目を合わせ

幼児が要求するものは率直に見て、域、学校で「去勢」され、女子に抑圧された男子が、このような義務を果たして遂行できるであろうか。「男の子はつらいよ」という感じですね。男の子の親として、このような現状があることは、知っておくといいでしょう。「いい子」よりも「生きるカ」子育てとは、子どもを一人の自立した人間として育て上げることです。「生きる力」を携えさせて世の中に送り出すことですなのに、今の世の中は、「生きる力」を身につけさせることよりも「いい子」であることを子どもに求めがちのようですであることを求めておきながら、学校に入ってから「生きる力を身につけよ幼児時代に「生きる力」を押さえつけ、う!」なんて慌てるのですそりゃ無茶ってものです。子どものけんかに対してもともと子どもには生まれながらにして「生きる力」「生きる力」なんて、学校で机に座って身につけるものではありません。備わっているのです。だってそうでしょう。アラスカの氷原に生まれた子どもでも、アフリカのサバンナに生まれた子どもでも、ヒマラヤの標高数千メートルの場所に育った子どもでも、南太平洋の小さな島に生まれた子どもでも、同様に笑い、成長し、生きる力を携えてたくましく生きていくことができるのですから。4歳、5歳のころから10時になったらピアノのお稽古だからそれまでに書き方ドリルを終えちゃいましょうね」「はい!」なんていう聞き分けの良い子は世界的に見て圧倒的に少数派でしょう。社会が、年端もいかない子どもたちに「であることを過度に求め、生まれ持った「生きる力」を摘み取ってしまうから、「日本の子どもは『生きる力』が乏しい」なんて言われるようになってしまうのです。子どものせいではありません!親のせいでもありません!むしろ「生きる力」に満ちあふれた存在なのです。

かえって安心して見ていることができるようになるものです幼児にも

肝試しや、それに類する行為は世界各国で見受けられますが、それはその本能による物と考えられるのです。その根底に在るのは勇気を示す事で、それは自分は逃げない事を証明する行為でもあるのです。つまり、仲間に対する試し行動が、虐めの原点だと考えられる訳です。虐めを仲間に対する試し行動と考えると、擬似攻撃を加えて相手が逃げ出せば「信用出来ない相手」と脳が認識し、排除衝動や攻撃衝動が起きると考えられるのです。子供の前頭葉はまだ発達していない為、そうした衝動を抑えられずに本能的に行動してしまう行為を「虐め」と呼んでいるに過ぎないのです。


幼児の心を理解するために第一に
幼児の心を理解するために第一に

幼児が道で転んで

また大人と言えど、前頭葉が未発達であれば衝動を抑えられません。それが大人の虐めです。裏を返して言えば、子供が擬似攻撃を受けて逃げ出してしまう事を容認していれば、その子供は社会に出てから他人に信頼されない大人になってしまう危険性を秘めているとも言えるのです。すると、他者から信頼を得られなければ他者を信頼する事も出来ません。他者を信頼出来なければ孤独感も生まれますし、逆遠近錯視による被害妄想も出て来ます。そして何より自分が信頼されない理由や、自分が阻害されていると感じる理由が、自分の中にある事に気付く事は困難を極めてしまいます。育児はこの赤ん坊にどういう言葉を教えるかである

子どもが少食だと

子どもの頃40年以上も前は

ツボがわからない!「認められたい」男の子をほめるポイントはどのようなところでしょうか?これまで叱るところでも書いてきましたが、お母さんと息子さんは違う生き物です。まずそのことを意識してください。お母さんにとってどうでもいいことやなんでもないことが、も大切だったり重要だったりします。つまりポイントがズレているのです。まずは相手のツボを知りましょう。

ママが独裁者のごとく振舞っているこどものしつけ体験知識

男の子が喜ぶポイントは何でしょうか?もちろん個人差もありますし、年齢によっても変わってきますが、いくつかの共通点はあるでしょう。自分の得意なことやできることを認められる人の役に立っていると実感できる自分自身の力でやりきるどうですか?この3つはとても喜んだり、嬉しそうにしたりしませんか。男の子はとても承認欲求が強い気がします。「認められたい」という思いです。それも、大好きなお母さんに番に認められたいという思いです。

 

教育に打ち込んできた者の一致した考え方です五歳児になると

子どもは学校や幼稚園で避難訓練をしていますが

取りかかるのはゆっくりでも、ひとつのことに集中できます。時間がかかるのは、頭の中で「ああしてこうして」と計画を練っているからです。行き当たりぱったりで行動したり、思いつきでしゃべったりしません。考えること、思いめぐらすことが大好きです。常に頭を使っています。観察力も優れています。一見クールな印象です。

子どもは外で遊びたがるのですが土などをさわると不潔そうで…3才男の子子どもは大人顔負けの発言をしたり、見事な作品を作りあげて周囲を驚かせたりします。このタイプの有名人学者やプログラマーなど知的作業をする人に多く見られます。データを集めたり分析したりが好きだからです。きっちりしていて手先が器用なため、芸術や料理といった職人の世界で名を上げる人もいます。では、頭脳プレーヤーとしてチームのかなめになります。
子どもに自信を植え付け
子どもに自信を植え付け

子供から支持されるお父さんにはなれませんもし

幼児の心が伝わって来なかったでしょうこのことを知っていれば、子どもから「いや!」という言葉が発せられても、「始まったな」とニコニコしていられます。このことを知らない両親は「悪い子」として怒ってしまうでしょうし、お尻を叩く親があるかも知れません。かわいそうな子というよりほかはなく、それに屈しますと、自発性の発達はとまり、おとなしいけれども意欲のない子どもになってしまいます。れのあんか発さおこる満きい几あにでしし、に分のほ難が裏十とてそして、それがあとで勉強に対する構えとなって現れ、意欲的に学習に取り組めない子どもになるわけです。そのときに、また、両親に叱られることになるのですから、全くかなわない-といえましょう。

幼児を守る!

「自分でする!」は挑戦への意欲「いや!」という言葉とともに、何かにつけて「自分でする!」と言い張ります。新しいこと、挑戦する心が現れてきていることを思うならば、「とにかくやってみてごらん」という気持で、ことができます。困難なことに経過を見守るそれは、着物を着たり、ボタンをはめたりすることに現れますし、れてきます。心にゆとりを持ち、時間をかけて見守っているうちに、靴をはくことなど、日常生活の随所に現意外にも成功することがあります。そのときには、子どもは成功感を十分に味わうことができ、自信が強くなり、さらにむずかしいことに挑戦しようという意欲が高まります。コミュニケーションというものです

大人のけんかとは全く趣きを異にしているわけです幼児は

子どもがマイペースなのは自分の時間を大切にしているということ

幼児に謝るなんてことは不可能ですお金は権力者が通貨枚に対して、麦を枡1杯と交換できる等の交換率を定めて、交換を保障する所から始まっています。見方を変えると、通貨にはそんな価値はないのですが、国家などの権力が保障すると言う「信用」で成り立っています。その国家に対する信用が失われれば、通貨の価値は失われます。人が定住し、人口が増大し、仕事が分業になった事で、狩猟生活の時には無かった問題が発生しました。それが「格差」であり「不平等」なのです。子どもの将来の姿あなたはお子さんに子どもが人として成長し

幼児が起きて活動している時間には難しいことが

幼児心にすごいなバカにされるどころか威厳が増します

家族単位や小さな集落単位で生活していた頃の人類は全て平等に分配する習性があり、それは本能に刻まれています。しかし人口増加や分業化に伴い、それまでの平等が平等でなくなってしまったのです。怠けて働く人と、一生懸命働く人の分配が同じであれば、そこに不平等が生じる事になります。働きに応じて分配される新しい平等の始まりです。それは同時に格差の始まりでもあります。

育てるとかいわれていますが

代わりに一緒にいる時間を出来るだけ増やすようにしてきた。それは、モノが無くても、その時間を楽しく過ごす方法や視点を教えるためだ。自由な時間とは、どのように過ごしていれば楽しさに溢れるのか?つまり遊び方を教えてきたのだが、その遊びは子どもの成長に従って、自分の目標に到達するための努力の時間へと変わっていく。どういうことかと言えば、遊びとは体験をすることであり、単に刺激的なことをして暇を潰すことでは無いと言うことだ。いろいろな新しい体験を求めて、何が出来るのかを考えて過ごしてきたのだ。ある意味、人は体験の集積だ。

しつけは学校はすでに全人

その体験はお金やモノではできない。時間こそが体験を生み出すのだ。お金やモノを極力使わない時間を過ごすことで、時間こそが自分を豊かにしていくモノだと体で分からせることが大切だ。それだけに適切な金銭感覚を..前節で時間が番大切だと言ったが、お金が不要な訳ではないのは当然だ。お金は上手く使うことで、時間を作り出すことが出来る。お金を使うことで、自分が出来ないことやしたくないことを代わりにしてもらうこともできる。
幼児が何と多いことでしょうしかし

子どものけがの手当をし

肉眼で確認しただけでは「実際に自分で撮影する」と言う確認作業が抜けているのです。自分で撮影すれば同じ映像が撮れますので、そうした疑惑は生まれません。つまり、インターネットやメディアのニュースを鵜呑みに信じてしまうと、現実とは掛け離れた世界観を持ってしまうのです。ネットやスマホの危険はそこにあります。何か分からない事や知らないことが有ると直ぐに検索で調べ、それを疑いも無く信じてしまうと、世界観が現実から離れて行ってしまうのです。

幼児の食に関してお母さんたちがいつも悩んでいることそのものが

確認もしない情報を信じてしまうと、間違った認識の元に行動してしまうのです。この逆遠近錯視と言う現象は更に深い意味を持っているのです。何故、カメラだと逆遠近錯視が起き、肉眼では逆遠近錯視が起きないのでしょう?その理由は、娘と二眼の違いにあります。カメラのレンズは·眼ですので、平面としてしか映し出せません。しかし肉眼で見る時には二つの目で立体として認識しています。